トップ > フェカリス菌について > 抗生物質でフェカリス菌が減る?

抗生物質が腸内フローラを悪化させる

抗生物質

整腸効果や花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果があるとされているエンテロコッカス・フェカリス(フェカリス菌)ですが、抗生物質を使っている場合、摂取によって期待できる効果が得られない可能性があります。

乳酸菌やビフィズス菌などの、生きて腸まで届いて人体に好影響を与える微生物のことをプロバイオティクスといいますが、それに対して、抗生物質はアンチバイオティクスと呼ばれています。

プロバイオティクスが、細菌を人体の仕組みにとりいれて上手く活用しようという概念であるのに対して、アンチバイオティクスは菌を排除しようというものです。つまり、2つは相反するものなのです。

湿疹や風邪などの治療のために抗生剤を服用すると、腸内細菌のバランスが乱れることがあります。これは、抗生物質によって腸内細菌が殺菌されてしまうからです。

悪い症状だけを抑えられれば良いのですが、抗生物質は殺菌の対象を選びません。そのため、腸内の善玉菌にも悪玉菌にも、どちらにも作用してしまいます。

悪玉菌が減る分には問題ありませんが、乳酸菌やビフィズス菌などの有益なものまで死滅してしまうので、それらによって得られる整腸作用なども同時に失ってしまいます。

フェカリス菌についても同じです。フェカリス菌は小腸や大腸に生息していますが、抗生物質を継続的に服用していると、ほかの善玉菌と同じようにその数を減らしてしまうということが起こります。

そして、抗生物質による治療をやめたときに、いままですんでいた常在菌とは別の菌が根付くようになります。これを「菌交代症」といいます。

風邪などの一時的な症状を抑えるために抗生物質を使うのであればさほど問題はないですが、アトピーや脂漏性湿疹などの治療のために長年服用した場合は、腸内フローラ(腸内細菌のバランス)は大きく崩れていると考えるべきです。

その場合は、腸に生息している善玉菌を増やす作用のあるオリゴ糖や食物繊維を摂っても、あまり効果は感じられないかもしれません。

できれば、善玉菌を直接、そして大量に摂取できるサプリメントを利用するのが良いと思います。

おすすめのフェカリス菌サプリ

乳酸菌(EC-12)チュアブル

  • 1日分に1兆個のフェカリス菌
  • しっかり腸まで届く乳酸菌
  • 善玉菌の栄養のオリゴ糖も配合
  • 製薬会社の高品質サプリメント
  • 初回限定 1,810円(税抜)

久光製薬の「乳酸菌(EC-12)」は、1日あたり1兆個のフェカリス菌が摂取できるサプリメントです。

製薬会社ならではの高度な加熱処理がほどこされているため、1兆個のフェカリス菌が、きちんと安定して腸まで届く仕組みになっています。

また、善玉菌のエサであるミルクオリゴ糖(ラクチュロース)も配合されており、総合的に腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。もっともオススメのフェカリス菌サプリです。

※ 錠剤タイプ(チュアブルタイプ)と顆粒タイプの2種類があります。価格は同じなので、お好みでどうぞ。

錠剤タイプの購入はこちら

顆粒タイプの購入はこちら

関連する記事

このページのトップへ

トップページ