トップ > フェカリス菌以外の乳酸菌 > ビフィズス菌BB536の効果

ビフィズス菌BB536 の整腸作用や抗アレルギー作用

ビフィズス菌BB536

森永乳業が1971年にはじめて乳製品に応用したビフィズス菌が「ビフィズス菌BB536」(ビフィドバクテリウム・ロンガム・BB536)です。

森永のビヒダスヨーグルトに含まれるこのビフィズス菌は、アメリカの食品の安全性に関わる認定を受けるなどその知名度は非常に高く、日本だけでなく世界30ヶ国以上でヨーグルトやサプリメントに使われています。

ビフィズス菌BB536には整腸作用、花粉症の症状緩和効果、大腸ガンの予防作用、インフルエンザの予防作用などがあります。それぞれ具体的に説明します。

※ 画像は公式サイトより引用

整腸作用

便秘がちである女性39名を対象とした試験で、ヨーグルトを通してビフィズス菌BB536を1日20億個以上、2週間つづけて食べてもらったところ、ビフィズス菌の占有率アップ、排便回数の増加、アンモニア濃度の低下が確認されました。

腸内フローラにおけるビフィズス菌の割合が上がることで乳酸や酢酸が多く産生されて、腸のぜんどう運動の促進や悪玉菌増殖の抑制がなされたためと考えられます。

これはほかの試験も含めた複数の臨床試験で認められている結果であり、信頼性の高いものと見られています。

花粉症の自覚症状緩和の効果

花粉症の症状がある44名を対象とした試験で、スギ花粉が飛散しはじめるおよそ1ヶ月前から1日1000億個のビフィズス菌を13週間摂ってもらったところ、偽薬を摂ってもらった被験者とくらべて、自覚症状の緩和が確認されたとのことです。

特にくしゃみについて顕著な効果が見られ、ほかにも鼻水や目のかゆみなどの花粉症の症状が良くなったとする被験者が多かったようです。

大腸ガン予防作用

ビフィズス菌BB536には、大腸ガン予防作用もあると考えられています。

大腸ガンのリスク因子のひとつと考えられている毒素産生型フラジリス菌(ETBF菌)というものがあります。

その保菌者を対象とした試験で、ビフィズス菌BB536の継続摂取によって、糞便中のETBF菌の数が10分の1程度に減少したことが確認されています。

インフルエンザ予防作用

ビフィズス菌BB536には、免疫力を高める作用があること、インフルエンザの予防作用があることもたしかめられています。

65歳以上の高齢者を対象にした試験で、1日1000億個以上のビフィズス菌BB536を19週間つづけて摂取してもらったところ、期間中のインフルエンザ発症や発熱の回数が、摂取していないグループよりも少なくなったとのことです。

また、ナチュラル・キラー細胞(NK細胞)や好中球といった自然免疫系の殺菌能(殺菌するチカラ)が高まったことも確認されています。

ビフィズス菌BB536を含む食品

ビフィズス菌BB536を含む食品としてもっとも身近なものは、森永乳業の「ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト」です。こちらは特定保健用食品(トクホ)として認められており、科学的に効果が実証されているから安心です。

サプリメントとしては、同じく森永の「ビヒダス BB536」があります。ヨーグルトが100gあたり20億個含有であるのに対して、サプリは1日に150億個のビフィズス菌BB536を摂取できます。すさまじいですね。

サプリなので脂質やカロリーは低く抑えられており、善玉菌以外の成分はあまりありません。オススメの乳酸菌サプリのひとつです。

おすすめのフェカリス菌サプリ

乳酸菌(EC-12)チュアブル

  • 1日分に1兆個のフェカリス菌
  • しっかり腸まで届く乳酸菌
  • 善玉菌の栄養のオリゴ糖も配合
  • 製薬会社の高品質サプリメント
  • 初回限定 1,810円(税抜)

久光製薬の「乳酸菌(EC-12)」は、1日あたり1兆個のフェカリス菌が摂取できるサプリメントです。

製薬会社ならではの高度な加熱処理がほどこされているため、1兆個のフェカリス菌が、きちんと安定して腸まで届く仕組みになっています。

また、善玉菌のエサであるミルクオリゴ糖(ラクチュロース)も配合されており、総合的に腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。もっともオススメのフェカリス菌サプリです。

※ 錠剤タイプ(チュアブルタイプ)と顆粒タイプの2種類があります。価格は同じなので、お好みでどうぞ。

錠剤タイプの購入はこちら

顆粒タイプの購入はこちら

関連する記事

このページのトップへ

トップページ