トップ > 乳酸菌の基礎知識

「乳酸菌の基礎知識」の記事一覧

知識

生きて腸まで届く乳酸菌の効果
乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、生きて腸まで届くことでその効果を発揮すると考えられていますが、フェカリス菌はそうではありません。加熱殺菌処理されていても、免疫力アップなどの効果は期待できます。

乳酸菌の整腸作用とは
乳酸菌などには、お腹の調子を整える、いわゆる整腸作用があります。腸内の善玉菌が増えることで乳酸や酢酸などの短鎖脂肪酸が増えて、ぜんどう運動を促進するとともに悪玉菌を抑制するためです。

乳酸菌が免疫力を高めるしくみ
フェカリス菌などの乳酸菌には、整腸作用のほかに免疫力を高める作用があります。その仕組みは、全身の免疫細胞の約70%が集まるとされる腸内の免疫系を、乳酸菌が刺激するというものです。

プロバイオティクスとプレバイオティクスの違い
善玉菌そのものを指すプロバイオティクスと、すでに腸内に生息している善玉菌を増やす作用のあるプレバイオティクスの違いについて説明しています。前者はフェカリス菌など、後者はオリゴ糖や食物繊維です。

オリゴ糖と食物繊維の効果
プレバイオティクスであるオリゴ糖と食物繊維について、それぞれの具体的な効果を説明しています。腸内の善玉菌を増やす作用のほか、悪玉菌や有害物質を減らす作用もあります。

このページのトップへ

トップページ