トップ > フェカリス菌について > 花粉症に効く?フェカリス菌の効果

便秘解消と花粉症の症状緩和

花粉症

フェカリス菌のおもな効果としては「整腸作用」「免疫力アップ」があります。お腹の調子を整える整腸効果が発揮されれば便秘解消につながりますし、免疫力が向上すれば風邪などをひくにくくなると考えられます。

このようなフェカリス菌の効果は、どのようにして得られるのでしょうか。

善玉菌が増えることで整腸効果が得られる

フェカリス菌などの乳酸菌には、乳酸や酢酸をつくりだすという働きがあります。これによって腸のぜんどう運動が促進されて、便通が改善されるということがまず考えられます。

もうひとつ、それらの有機酸には、腸内の悪玉菌の増殖を抑えるという作用があります。

悪玉菌(ウェルシュ菌や大腸菌)と善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)は、常に勢力争いをしており、一方が増えればもう一方が減るという関係にあります。つまり、悪玉菌が抑制されれば、善玉菌が増えるのです。

実際に、フェカリス菌の摂取によってビフィズス菌が増えるという研究データがあります。

伊藤園の中央研究所によるヒト(人間)を対象にした臨床試験によって、フェカリス菌の摂取によるビフィズス菌の腸内割合の増加について、有意差(統計的に意味がある差)があることが確認されています。

参考 : フェカリス菌(殺菌体)入り乳性飲料摂取による善玉菌の割合増加、便通改善効果を確認

カンタンに言えば、フェカリス菌を摂取するとビフィズス菌が増える、ということです。ビフィズス菌は善玉菌のほとんどを占める存在であり、乳酸だけでなく殺菌力の高い酢酸もつくる優れた善玉菌です。

そのビフィズス菌を増やす作用がフェカリス菌にはあるため、フェカリス菌には間接的にも便通を改善する働きがあるということが言えると思います。

免疫力を高める働き

フェカリス菌は約500ナノメートルという大きさであり、これは一般的な乳酸菌の5分の1程度と言われています。またカタチは球状で、複数個がつながった状態で存在しています。

フェカリス菌は非常に小さく丸いため、小腸や大腸の狭い部分まで到達することができますし、また大量に摂取することができます。それによって免疫細胞をよく刺激するため、免疫力向上の作用が強いものであると考えられています。

これについて詳しくは、「フェカリス菌で免疫力アップ」をご覧ください。

花粉症の症状緩和

花粉症患者にとっては、毎年やってくる花粉症シーズンはつらいものですが、フェカリス菌には花粉症の症状を緩和する作用があるとして注目されています。

フェカリス菌、特に加熱殺菌処理されたものには強い免疫調節作用があるとされており、それによって乱れた免疫細胞のバランスが整えられて、過剰な防御反応である花粉症が抑えられるという仕組みです。

伊藤園中央研究所による、ヒトを対象にした花粉暴露試験施設での試験によって、フェカリス菌1000億個を続けて摂ることで、「鼻かみ回数」「目のかゆみ」などが軽減されることが確認されたとのことです。

参考 : フェカリス菌の働き

完全に花粉症が抑えられるとか、治るとかいうことではないですが、マスクや目薬などのほかのアイテムと併用することで、花粉症による不快な症状をある程度は軽減できるかもしれません。

上記の試験では、摂取をやめても数日間は効果が続くことがたしかめられているということですので、コストパフォーマンスの点でもいくらか期待できますね。

おすすめのフェカリス菌サプリ

乳酸菌(EC-12)チュアブル

  • 1日分に1兆個のフェカリス菌
  • しっかり腸まで届く乳酸菌
  • 善玉菌の栄養のオリゴ糖も配合
  • 製薬会社の高品質サプリメント
  • 初回限定 1,810円(税抜)

久光製薬の「乳酸菌(EC-12)」は、1日あたり1兆個のフェカリス菌が摂取できるサプリメントです。

製薬会社ならではの高度な加熱処理がほどこされているため、1兆個のフェカリス菌が、きちんと安定して腸まで届く仕組みになっています。

また、善玉菌のエサであるミルクオリゴ糖(ラクチュロース)も配合されており、総合的に腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。もっともオススメのフェカリス菌サプリです。

※ 錠剤タイプ(チュアブルタイプ)と顆粒タイプの2種類があります。価格は同じなので、お好みでどうぞ。

錠剤タイプの購入はこちら

顆粒タイプの購入はこちら

関連する記事

このページのトップへ

トップページ