トップ > フェカリス菌について > フェカリス菌で免疫力アップ

免疫力アップが期待できるフェカリス菌

女性医師

乳酸菌の中には、免疫力を上げる働きをするものがあります。乳酸菌やビフィズス菌などが免疫細胞を活性化することでカラダの抵抗力が上がる仕組みについて、詳細は「乳酸菌が免疫力を高めるしくみ」をご覧ください。

さて、それではヒト由来の乳酸菌で、ほかの菌よりも小さく大量に摂取することができるとされるフェカリス菌(エンテロコッカス・フェカリス)には、免疫力をアップさせる効果はあるのでしょうか。

結論から言うと、フェカリス菌には免疫力を向上させる作用があります

フェカリス菌が免疫細胞を活性化する仕組みは、ほかの乳酸菌と同じです。腸内に届いたフェカリス菌は腸の免疫細胞にくっつくことで、その菌体成分によって刺激を与えて、細胞が動きやすい状態をつくります。

フェカリス菌の免疫調節作用はほかの乳酸菌にくらべて大きいとされていますが、その理由は摂取できる数にあります。

エンテロコッカス・フェカリスは球状のかたちをしている「球菌」で、ほかの乳酸菌の5分の1程度の大きさ(約500ナノメートル)であり、同じ容量や質量に大量に含まれるため、非常に多くの数を摂取することができます。

免疫細胞の活性化は、摂取された善玉菌の数によって変わってくるものですが、フェカリス菌はその点でほかの乳酸菌とくらべてアドバンテージがあるということになります。

自然免疫であるナチュラル・キラー細胞、マクロファージ、好中球、そして獲得免疫である樹状細胞、ヘルパーT細胞、B細胞など、人間の体内にはいろいろな役割を担う免疫細胞があります。

これらのうち、フェカリス菌によって活性化されることがたしかめられているのは、貪食細胞(どんしょくさいぼう)と呼ばれるマクロファージです。

マクロファージは外敵を食べたり、ほかの免疫細胞に抗原(アレルゲン)の情報を渡したりする大切な免疫細胞のひとつですが、マウスを使った試験によってその活性化が確認されています。

また、同じく動物実験で、腸粘膜や血液に見られる抗体(免疫グロブリン)の値が上昇することも確認されています。

まだ判明していないこともありますが、これらからフェカリス菌は免疫力をアップさせる働きを持っていると考えられます。

また、エンテロコッカス・フェカリスには「EC-12株」「FK-23株」「EF-2001株」などの菌株がありますが、この中でFK-23株については、加熱殺菌処理されたもののほうが、生菌よりも強い免疫力アップ効果があると言われています。

おすすめのフェカリス菌サプリ

乳酸菌(EC-12)チュアブル

  • 1日分に1兆個のフェカリス菌
  • しっかり腸まで届く乳酸菌
  • 善玉菌の栄養のオリゴ糖も配合
  • 製薬会社の高品質サプリメント
  • 初回限定 1,810円(税抜)

久光製薬の「乳酸菌(EC-12)」は、1日あたり1兆個のフェカリス菌が摂取できるサプリメントです。

製薬会社ならではの高度な加熱処理がほどこされているため、1兆個のフェカリス菌が、きちんと安定して腸まで届く仕組みになっています。

また、善玉菌のエサであるミルクオリゴ糖(ラクチュロース)も配合されており、総合的に腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。もっともオススメのフェカリス菌サプリです。

※ 錠剤タイプ(チュアブルタイプ)と顆粒タイプの2種類があります。価格は同じなので、お好みでどうぞ。

錠剤タイプの購入はこちら

顆粒タイプの購入はこちら

関連する記事

このページのトップへ

トップページ