トップ > 乳酸菌の基礎知識 > 乳酸菌が免疫力を高めるしくみ

乳酸菌の免疫力アップ作用

医者

腸内の善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌には、人間の免疫力を高める働きがあります。そのため、ヨーグルトや乳酸菌を含む食べ物、サプリメントなどを摂ることで、免疫力アップの効果を期待できます。

なぜ乳酸菌が免疫力を高めるかというと、それには人間の腸内の機能がかかわっています。

人間には、病原菌やウイルス、日々生まれて増殖する体内のガン細胞などに対抗するための機能がそなわっています。それが免疫というシステムです。

この免疫システムを担っているのは、体中に分布しているリンパ球などの免疫細胞ですが、この免疫細胞が集中的に存在している器官があります。それが、腸です。

小腸や大腸には非常に多くの免疫細胞が集まっており、その割合は全身の70%とも言われています。腸は食べ物を通して外敵の侵入を許してしまう可能性がある器官のため、それだけ多くの抵抗力の源が存在しているのです。

腸では、絨毛と絨毛のあいだに「パイエル板」という器官を持っており、そこにヘルパーT細胞、B細胞、抗原提示細胞などの免疫の精鋭部隊を配備しています。

また、食品の栄養素を吸収する細胞も免疫システムの一端を担っており、そこには乳酸菌やビフィズス菌などの成分に反応する仕組みがあります。

その器官を「トル様受容体」(TLR)と言います。この乳酸菌などを検知して反応するトル様受容体こそが、乳酸菌などの善玉菌が免疫力の向上効果をもたらす仕組みのポイントです。

人間のトル様受容体には10種類ほどがあり、 このうちの何種類かが乳酸菌、ビフィズス菌、日和見菌(バクテロイデス)などの菌体成分と結合して細胞内に信号を発することで、免疫細胞を活性化するようにできています。

というわけで、乳酸菌が腸に達することでトル様受容体との結びつきができて、それによって免疫力が上がるというわけです。

ちなみに、このとき乳酸菌が生きているかどうかは関係ありません。あくまで菌体成分が腸に届けばよいので、仮にそれが死菌であっても、生菌のときと同じように免疫調節作用が得られると考えられています。

おすすめのフェカリス菌サプリ

乳酸菌(EC-12)チュアブル

  • 1日分に1兆個のフェカリス菌
  • しっかり腸まで届く乳酸菌
  • 善玉菌の栄養のオリゴ糖も配合
  • 製薬会社の高品質サプリメント
  • 初回限定 1,810円(税抜)

久光製薬の「乳酸菌(EC-12)」は、1日あたり1兆個のフェカリス菌が摂取できるサプリメントです。

製薬会社ならではの高度な加熱処理がほどこされているため、1兆個のフェカリス菌が、きちんと安定して腸まで届く仕組みになっています。

また、善玉菌のエサであるミルクオリゴ糖(ラクチュロース)も配合されており、総合的に腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。もっともオススメのフェカリス菌サプリです。

※ 錠剤タイプ(チュアブルタイプ)と顆粒タイプの2種類があります。価格は同じなので、お好みでどうぞ。

錠剤タイプの購入はこちら

顆粒タイプの購入はこちら

関連する記事

このページのトップへ

トップページ