トップ > 乳酸菌の基礎知識 > プロバイオティクスとプレバイオティクスの違い

善玉菌を増やす2つの成分

エサ

腸内環境を整える方法には、食べ物で善玉菌を増やす、生活習慣を整えて善玉菌を減らさず悪玉菌が増えないようにする、などがあります。

善玉菌を増やすことで、腸内細菌のバランスが良い状態になり、腸のぜんどう運動が促進されたり、免疫力が高まったりしますが、善玉菌を増やす方法もひとつではありません。

腸内の善玉菌のうち乳酸菌は、ヨーグルトや乳酸菌飲料のほか、味噌や漬物などの和の発酵食品でも摂ることができます。ビフィズス菌は、通常の食べ物からは摂れませんが、最近はいろいろなヨーグルトに配合されるようになりました。

このように、直接ビフィズス菌などを摂取できる食品を「プロバイオティクス」食品といいます。プロバイオティクスとは生きて腸まで届く有益な微生物のことで、乳酸菌やビフィズス菌などが該当します。

プロバイオティクス食品を食べることは、腸内環境を改善するのに有効です。しかし、そのように直接ビフィズス菌などを摂る以外にも、善玉菌を増やす方法があります。

それは「プレバイオティクス」と呼ばれるものです。先ほどのプロバイオティクスと1文字しか違わないので非常にややこしいですが、まったくの別物です。

プレバイオティクスとは、すでに自分の腸内にすみついている善玉菌のエサになり、それを増殖させる成分のこと。

プロバイオティクスが外部から善玉菌を摂取しようというものであるのに対して、プレバイオティクスは内部で善玉菌を増やそうというものなのです。

プレバイオティクスの良いところは、すでに自分の腸内にすんでいる、言わば自分の腸に最適だと考えられる善玉菌を増やせるという点です。外部から合うか合わないかわからない菌を摂るよりも良い、と言われることもあります。

プレバイオティクスにはいまのところ、単糖が2〜10個結びついた「オリゴ糖」、そしてより多くの糖が結合している「食物繊維」の一部が該当するとされています。

乳酸菌やビフィズス菌などと一緒にこれらの栄養成分を食べ物やサプリメントなどから摂取することで、より効率的に腸内環境の改善ができるかもしれません。

おすすめのフェカリス菌サプリ

乳酸菌(EC-12)チュアブル

  • 1日分に1兆個のフェカリス菌
  • しっかり腸まで届く乳酸菌
  • 善玉菌の栄養のオリゴ糖も配合
  • 製薬会社の高品質サプリメント
  • 初回限定 1,810円(税抜)

久光製薬の「乳酸菌(EC-12)」は、1日あたり1兆個のフェカリス菌が摂取できるサプリメントです。

製薬会社ならではの高度な加熱処理がほどこされているため、1兆個のフェカリス菌が、きちんと安定して腸まで届く仕組みになっています。

また、善玉菌のエサであるミルクオリゴ糖(ラクチュロース)も配合されており、総合的に腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。もっともオススメのフェカリス菌サプリです。

※ 錠剤タイプ(チュアブルタイプ)と顆粒タイプの2種類があります。価格は同じなので、お好みでどうぞ。

錠剤タイプの購入はこちら

顆粒タイプの購入はこちら

関連する記事

このページのトップへ

トップページ