トップ > 善玉菌を増やす方法 > 善玉菌と悪玉菌

腸内細菌の種類とバランス

腸

このサイトではフェカリス菌(エンテロコッカス・フェカリス)を高配合したサプリメントを紹介していますが、フェカリス菌を含む乳酸菌、そしてビフィズス菌は善玉菌と呼ばれています。

人間の腸内には善玉菌のほかに、悪玉菌や日和見菌もいます。ここでは、それらの腸内細菌について説明します。

腸内細菌とは

人間の腸には、1,000種類以上、約100兆個の細菌がすんでいるとされており、その総称を「腸内細菌」といいます。人間の細胞が60兆個程度と言われているので、それよりもはるかに多くの菌が腸に生息していることになります。

腸内細菌の全体の質量は約1.0〜1.5kgにものぼるとされており、生きた菌や死んだ菌が、食べ物の残りカスや食物繊維などと一緒に、糞便として排出されます。

排出された後も腸内には細菌が残っており、それらが増殖してまた元に戻ります。このように、人間と細菌は切っても切れない関係になっているのです。

善玉菌と悪玉菌の働き

腸内細菌にはおもに3種類あります。これは生物学上の分類ではなく便宜上の呼び名ですが、わかりやすく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」というようにグループ分けしています。

善玉菌にはビフィズス菌(ビフィドバクテリウム)や乳酸菌(ラクトバチルスやラクトコッカス)などがあり、消化吸収を助けたり、病原菌の感染を防いだり、悪玉菌の増殖を抑えたり、便通を改善したりします。

悪玉菌にはウェルシュ菌(クロストリジウム)や大腸菌などがあり、タンパク質を腐敗させて有害物質をつくったり、便秘や下痢、肌荒れなどを引き起こしたり、老化をすすめたりします。

日和見菌にはバクテロイデスやユウバクテリウムなどがあり、腸内で最大の勢力を築いています。腸管免疫の発達や、肥満防止に関係しているなどの報告もありますが、解明されていない部分の多い菌です。

腸内では、これらの菌のグループが、バランスを取りながら存在しています。

腸内フローラを良好に保つ

腸内細菌の生態系のことを「腸内フローラ」や「腸内細菌叢」(ちょうないさいきんそう)と呼びます。

フローラというのは花の女神の名前で、それぞれのナワバリにキレイに並んでいる腸内細菌のさまがまるでお花畑のようなので、そう呼ぶようになったと言われていますが、事実はわかりません。

腸内フローラのバランスとしては、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が健康な状態と言えると考えられています。

生まれたての赤ちゃんの腸内では、母体にいた無菌のときとくらべて、急激に腸内細菌が増えていきます。そして、基本的にビフィズス菌が最大勢力になります。その割合(占有率)は、99%とも言われています。

その後、離乳食を摂りはじめると悪玉菌や日和見菌が増えていき、成人の腸内フローラに近付いていきます。

ビフィズス菌などの善玉菌は、加齢・ストレス・偏食などによってその数を減らしていきます。成人の腸内では、10〜20%ほどが善玉菌であると考えられていますが、とうぜん個人差があります。

大事なのは、悪玉菌よりも善玉菌が多い状態を維持するということです。

ひとたび均衡が崩れると、日和見菌が悪玉菌に加勢して、腸内環境が一挙に悪化してしまいます。腸内環境が悪化すると、便秘・下痢・肌荒れ・便臭・体臭などの不快な症状があらわれてしまいます。

そのため、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌をふだんから意識的に摂取して、腸内フローラを良好に保つことが大事なのです。

おすすめのフェカリス菌サプリ

乳酸菌(EC-12)チュアブル

  • 1日分に1兆個のフェカリス菌
  • しっかり腸まで届く乳酸菌
  • 善玉菌の栄養のオリゴ糖も配合
  • 製薬会社の高品質サプリメント
  • 初回限定 1,810円(税抜)

久光製薬の「乳酸菌(EC-12)」は、1日あたり1兆個のフェカリス菌が摂取できるサプリメントです。

製薬会社ならではの高度な加熱処理がほどこされているため、1兆個のフェカリス菌が、きちんと安定して腸まで届く仕組みになっています。

また、善玉菌のエサであるミルクオリゴ糖(ラクチュロース)も配合されており、総合的に腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。もっともオススメのフェカリス菌サプリです。

※ 錠剤タイプ(チュアブルタイプ)と顆粒タイプの2種類があります。価格は同じなので、お好みでどうぞ。

錠剤タイプの購入はこちら

顆粒タイプの購入はこちら

関連する記事

このページのトップへ

トップページ